商標とは?


商標とは、会社名や商品名などのブランド名のことを言います。
商標には、文字だけのもの、文字・図形・記号などが結合してなるもの、商品の形状や店舗に設置される立体的な看板(例えば、カーネルサンダースの人形、ペコちゃんの人形)などがあります。

私たちは、買物をしたり、美容室へ行ったり、外食をしたり、旅行へ行って旅館に泊まったりするときに、商標を目印にして商品を選んだり、旅館を選んだりしています。
馴染みの看板 写真 を見かけて「コーヒーでも飲もうかなぁ」と思うこともあるでしょう。
ここの商品なら、安心できる、良好な品質が期待できる、「前に食べたとき、美味しかったなぁ」などと、お目当ての商品と他の商品とを区別するために商標を目印にしています。

本質的機能


一般需要者は、商品を購入したり、サービスを受けたりする際、
「その商品の提供者は誰か?」 
「そのサービスの提供者は誰か?」
を識別するために商標を目印としています。

一般的に商標は、
@自他商品等識別機能(自社と他社の商品等と識別する機能)
A出所表示機能(商品等の出所を表示する機能)
B品質等保証機能(一定の商標が付された商品等は一定の品質等を保証するという機能)
C宣伝広告機能(その商標により購買意欲を惹起させる機能)
を有していると言われています。

商標法は、これら商標に化体した業務上の信用を保護することを目的としています。

登録主義


我が国では、取引活動の安全性を重視し、登録主義を採用しています。
「どちらが先に使用し始めたか?」(使用主義)ではなく、
「どちらが先に特許庁に出願したか?」
によって権利を与えるということです。

「わたしの方が先に使用していたので、その商標を使用する権利はわたしにある」は、通用しません。

先に出願をして、登録した者に権利が付与されます。

ですので登録を受けずに商標を使用していた場合、先にその商標を登録した他人から使用の差止や損害賠償請求をされることもあるのです。使用していた商標が使えなくなってしまうことを避けるためにも、適切に登録しておくべきなのです。

調査について


商標登録出願をするにあたり、先ずは先行調査を行うことをお勧めします。

先行調査とは、お客様が登録したい商標が、登録の要件を満たしているかどうか事前に調査することをいいます。先行調査を行わずに出願すると、拒絶理由が通知されるなどして、補正書や意見書での対応が必要となったり、出願自体が拒絶されて費用が無駄になったりする可能性もあります。

出願ご依頼のお客様には、無料で調査いたします。 お気軽に、ご依頼・お問合せ下さい。


先行調査ご依頼はこちらへ

料金・費用について


特許庁に支払う出願料金・登録料金は、指定する商品・役務の区分の数によって異なります。
同じ区分の中であれば、指定商品・役務がいくつあっても、料金は同じです。 一区分の場合に出願料金は、12000円です。二区分の場合には、20600円です。三区分の場合は、29200円です。 また登録料金につきましては、10年間の一括納付の場合と、前半5年分と後半5年分を分けて支払う分割納付の場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。


料金・費用についてのお問い合わせは、こちらへ


登録について

商標の知識