3条2項(識別力がある場合の規定)


商標が、3条1項3号〜5号に該当する場合であっても、長年の使用により、その商標がその商品等と密接に結びついて出所表示機能(識別力)を持つに至った商標については、登録を認める規定です。

適用要件は?


1.全国的に周知であることが必要です。

2.使用により識別力が認められ、登録を受けられるのは、
  実際に使用されたものと同一の商標、同一の商品・役務についてです。

使用により識別力を有していることの証明


@ 実際に使用している商標並びに商品又は役務
A 使用開始時期、使用期間、使用地域
B 生産、証明若しくは譲渡の数量又は営業の規模(店舗数、営業地域、売上高等)
C 広告宣伝の方法、回数及び内容
D 一般紙、業界紙、雑誌又はインターネット等における記事掲載の回数及び内容
E 需要者の商標の認識度を調査したアンケートの結果

このようなことから、使用している商標が、全国的に周知であるものかどうかを判断します。

登録について

商標の知識