4条1項10号


他人の業務に係る商品若しくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標又はこれに類似する商標であつて、その商品若しくは役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするもの(4条1項10号)は、登録を受けることができません。

登録されていない周知商標の保護


登録されていない商標であっても、使用により周知となっている商標があります。その商標には業務上の信用が化体しており、同一・類似の範囲内で他人の登録を認めてしまえば、出所の混同が生じるおそれがあります。
そこで4条1項10号では、登録されていない周知商標の保護を目的として、需要者の間に広く認識されている商標等であって、その商品・役務等について使用をするものは、登録を受けることができないと定めてあります。

需要者の間に広く認識されている商標とは?


全国的に認識されている商標のみならず、一地方で広く認識されている商標も含まれます。
日本で不使用でも、報道等により取引者・需要者の間に広く認識されている商標も含まれます。

登録について

商標の知識