4条1項19号


日本又は外国で著名な商標を、不正の目的をもって使用するものは、登録を受けることができません。

著名の程度については、最終消費者まで広く認識されている商標のみならず、取引者の間に広く認識されている商標を含まれます。 また外国で著名であるとは、当該国で周知なことは必要であるが、必ずしも複数の国において周知である必要はありません。

不正の目的とは?


高額買取要求目的、外国の権利者の国内参入阻止目的、国内代理店契約の強制の目的で出願した場合。
出所表示機能を稀釈化させたり、その名声を毀損させる目的をもって出願した場合。
その他、信義則に反する不正の目的で出願した場合。

登録について

商標の知識