地域団体商標制度


地域団体商標制度とは、地域経済の活性化・産業競争力の強化を支援すべく、地域ブランドを適切に保護することを目的として設けられた制度です。

所定の組合であること


@事業協同組合、その他の特別の法律により設立された組合であること。
A法人格を有すること。
B正当な理由がないのに、構成員の加入を拒み、またはその加入につき現在の構成員よりも困難な条件を付してはならない旨の定めのあるもの。

※平成26年改正により、新たに「商工会」「商工会議所」「NPO法人」が、
 地域団体商標の登録を受けることができるようになりました。


登録が認められる商標


@地域名称+商品等の普通名称
A地域名称+商品等の慣用名称
B地域名称+商品等の普通or慣用名称+産地等を表示する際に慣用されている文字

需要者の間に広く認識されていること


地域団体商標は、3条2項の適用より緩やかな要件で登録を認める制度であり、全国的に需要者の間に認識されるに至っていなくとも、隣接都道府県に及ぶ程度の需要者に認識されていれば足りるとされています。

登録について

商標の知識