森永製菓がチョコボールという商標を登録しています。


3条2項


森永製菓は、商標「チョコボール」を商品「チョコレートを使用した菓子」に使用しています。

本来「チョコボール」は、商品「チョコレートを使用した菓子」について単に商品の原材料、形状を普通に用いられる方法で表示しているに過ぎず、識別力がないものとして登録を受けることができないものであります。しかし森永製菓のチョコボールは、「チョコボールと言えば森永製菓のお菓子」であると全国的に周知されていることから、3条2項の適用がされ、登録を認められているのです。

商標権の及ばない範囲について(26条)


では菓子について「チョコボール」の使用ができないのでしょうか?

商標法26条では、商標権の及ばない範囲について規定されていて、 1項2号には、「商標権の効力は、指定商品若しくはこれに類似する商品の普通名称、産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状(包装の形状を含む。次号において同じ。)、価格若しくは生産若しくは使用の方法若しくは時期又は当該指定商品に類似する役務の普通名称、提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、数量、態様、価格若しくは提供の方法若しくは時期を普通に用いられる方法で表示する商標には及ばない」と規定してあります。

普通に用いられる方法で、菓子に「チョコボール」と付して販売しても商標権侵害とはなりません。そもそも、このような商標は識別力を有さないものなので商標の自他商品等識別機能、出所表示機能等を有していません。

ですので「チョコボール」は森永製菓の商標権であっても、その「チョコボール」を菓子に普通に用いられる方法で使用した場合、森永製菓の商標権の効力はその行為には及びません。




戻る

登録について

商標の知識