立体商標


従来、我が国においては、標章は平面的なものに限られており、立体的形状は商標の構成要素に含まれていませんでした。したがって、カーネルサンダースの人形などの立体的形状などからなる商標は保護されておらず、周知を条件に、不正競争防止法により保護されるに過ぎませんでした。

しかし、実際の取引社会においては、立体的形状などからなる商標も、自他商品等識別機能を有することが認められ、法の保護法益たる業務上の信用が化体するものとして保護に値するものとなっており、また国際的には、立体的形状も商標の構成要素として認められているなど、我が国においても立体的形状について権利を与えるのが国際的趨勢となっていた。

そこで法は、立体的形状を構成要素とする立体商標も保護を認めることとしました。


戻る

登録について

商標の知識