真正商品の並行輸入(フレッドペリー事件)


並行輸入が認められる要件


@ 商標権者等により適法に付されたものであること。
A 当該商標が日本の登録商標と同一の出所を表示するものであること。
B 保証する品質において、実質的に差がないと評価されるものであること。

このような場合は、出所表示機能、品質保証機能を害することなく、商標の使用をする者の業務上の信用および需要者の利益を損なわず、実質的違法性を欠くため、商標権の侵害には該当しません。


戻る

登録について

商標の知識