色違い類似商標について


色違い類似商標とは、登録商標に類似する商標であって、色彩を登録商標と同一にすれば登録商標と同一であると認められるもののことです(70条)。

もし色彩が少しでも違えば、その商標は相互に同一ではないものとして取り扱われることになり、商品・役務ごとに色違いの商標を付して使用する場合などには、すべての色について登録をする必要があり、かつ使用しなければならず、負担が大きく、不都合が生じるおそれがあるからです。

商標法70条の規定によると、

第25条、第29条、第30条2項、第31条2項、第31条の2第1項、第34条1項、第38八条3項、第50条、第52条の2第1項、第59条1号、第64条、第73条又は第74条における「登録商標」には、その登録商標に類似する商標であつて、色彩を登録商標と同一にするものとすれば登録商標と同一の商標であると認められるものを含むものとする、とされています。


戻る

登録について

商標の知識