差止請求権について


差止請求権とは、商標権者又は専用使用権者が、自己の商標権又は専用使用権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、 その侵害の停止又は予防を請求することができる権利のことをいいます(商標法36条1項)。

差止請求権は、現在又は将来の行為に対して請求しうる権利であり、特許権消滅後に請求することはできません。また、商標権者または専用使用権者は、差止請求権を請求するに際し、侵害の行為を組成したものの廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することもできます(商標法36条2項)




戻る

登録について

商標の知識