不使用取消審判


不使用取消審判の趣旨


使用されていない商標は、使用されずに保護すべき信用が発生しないか、発生した信用も消滅しており、保護対象がなくなると考えられます。このような不使用の登録商標に独占排他権を与えておくのは、国民の利益を不当に侵害するとともに、商標使用希望者の選択の余地を不当に狭めてしまうことになる可能性があります。 そこで商標法では、空権化した商標権を、存続期間の満了まで待つまでもなく、個別的に排除するため、不使用による商標登録取消審判を設けました。

不使用取消審判の要件


@ 商標権者、専用使用権者等のいずれもが指定商品・指定役務について登録商標を使用していないこと
A 継続して3年以上日本国内において使用していないこと




戻る

登録について

商標の知識