国際登録出願


国際登録出願とは?


日本国民、又は日本国内に住所・居所を有する外国人が、特許庁に継続している自己の商標登録出願等を基礎として、特許庁長官に行う国際登録の出願のことをいいます。

基礎とする出願とは、どのようなものですか?


@ 自己の商標登録出願
A 自己の防護標章登録出願
B 自己の商標権
C 自己の防護標章登録

国際商標は、指定国でどのような効果が得られますか?


@ 国際登録日から、指定国の官庁に出願された場合と同一の効果が得られます。
A 指定国官庁が、拒絶通報期間に拒絶の旨の通報をしない場合にはその期間経過時、または拒絶通報を
  撤回した場合にはその時に、国際登録日からその商標が指定国官庁に登録されていた場合と同一の効
  果が得られます。
B 最初の国際登録の存続期間は、国際登録日から10年間です。



戻る

登録について

商標の知識