商標権の存続期間


原則、商標権の存続期間は設定の登録の日から10年間です。
しかし更新により、さらに10年の存続期間が延長されます。
商標権を半永久的に維持させたいならば、定期的に更新の申請を忘れずに行うことが必要となります。

特許庁からは、存続期間が満了する期日等について何も通知されません。
気付いた時には、既に商標権が消滅していたということもございます。
商標権の期限管理は重要です。

面倒な期限管理については、ご気軽に ご相談ください。

更新登録


原則、更新登録の申請は、商標権の存続期間の満了前6月から満了の日までにしなければなりません。
例外として、その期間が経過した後であつても、期間経過後6月以内に申請をすることができますが、登録料と同じ料金の割増登録料の納付が必要になります。

余計な費用がかかるのを避けるためにも、大切な商標権の更新手続きは忘れず行いましょう。


登録について

商標の知識