登録までの手続き



 ご依頼を受け、商標調査を致します。
       ↓
 特許庁に対して、商標登録出願手続きを致します。
       ↓
 特許庁の審査官によって、審査が行われます。
       ↓
 *審査の結果、拒絶理由がある場合、その内容が通知されます。
       ↓
 *拒絶理由を解消するため意見書・補正書を提出し、再び審査が行われます。
       ↓
 *なおも拒絶理由が解消されていない場合、拒絶査定がなされます。
       ↓
 審査の結果、拒絶理由がなかった場合、登録査定の謄本が送達されます。
       ↓
 登録料を納付します。
       ↓
 原簿に登録され、商標権が発生します。
       ↓
 存続期間満了前に更新の申請をすることにより、商標権の更新が可能となります。


拒絶理由とは、出願が登録を受けることができない理由のことであり、15条に規定されています。

商標法15条1号
その商標登録出願に係る商標が第三条、第四条第一項、第七条の二第一項、第八条第二項若しくは第五項、第五十一条第二項(第五十二条の二第二項において準用する場合を含む。)、第五十三条第二項又は第七十七条第三項において準用する特許法第二十五条 の規定により商標登録をすることができないものであるとき。

商標法15条2号
その商標登録出願に係る商標が条約の規定により商標登録をすることができないものであるとき。

商標法15条3号
その商標登録出願が第六条第一項又は第二項に規定する要件を満たしていないとき。

※ 審査の結果に拒絶理由がない場合は、そのまま登録査定がなされますので、意見書・補正書などの提出は必要ありません。

登録について

商標の知識